乳がんサバイバー.com

乳がんサバイバーがこれまでの経験をブログにまとめています

今後の治療について。。新しいお薬の話

 

今後の治療について主治医と話をしてきました。

 

まずは予定していた放射線治療

放射線は毎日通うことになるので忍耐力がいりますね。

 

そして次に

こちらも予定していたホルモン治療

タモキシフェンを10年間。。。

 

長い!!!

 

でも効いてくれることを信じて飲み続けます、もちろん。

飲み忘れとかありそうだからすごく心配ですが

飲み始めたら何か対策を考えないといけないなぁ。。。

 

私、子宮筋腫があるのだけれど

タモキシフェンとの相性がよくないらしく

けれどもう一つ?!のホルモン治療薬は注射とセットのようで

どちらかというと主治医はタモキシフェン推しみたいなので

まずはタモキシフェンを飲んでみて

もし筋腫が大きくなるようならその時考えようってことで

タモキシフェンを服用することに。

 

 

そしてそして次は。。。

追加で適用となるお薬があって

 

ベージニオというシロモノ

 

再発乳がんに適用されていたお薬なのだけれど

今年から?去年末から?

初発の進行性乳がんにも適用になったとのこと

 

適用になるのはホルモン受容体が陽性でHER2陰生であり

腋窩リンパへの転移があったりした場合

(正確な適用症状は主治医などに確認してくださいね)

 

飲むタイプの抗がん剤の分類のようなのだけれど

これがまた副作用ありで。。。

主要なのが下痢

 

基本的に私は便秘気味なので下痢ってどう対応していいかわからない

っていう話を主治医にしたら。。。

 

「整腸剤も出しますからうまくお付き合いできるかがカギですね〜。

 便秘がベースの方ならちょうど良いお通じになるかもしれないですよ」

ってポーン

 

主治医は女性なのだけれど

けっこうこういうさらりとした発言が多くて

私もそう言われると、あぁ!そうかもしれないって思う単純人間なので

なんかひっかかることもなくスムーズにことが運んでいる気がしているのです。

 

だからどちらかというと私が気になるのは。。。

現れる可能性の副作用の最後の方に書いてあった

 

脱毛

 

へ???これから生えると思っていたのに脱毛。。。

もちろん主治医に聞きました

 

「点滴の抗がん剤ほどほぼ100%抜けますよということではないですが、

 まぁ少し、量がね、減りますね」

 

だって。

ケモ後、まだ生えてきていない私にとったら

更なるダメージ

 

そして、まだあった。。。

 

「このお薬、お高いんです。。。

 もちろん限度額申請はきくのですが金額も金額なんで

 それも含め次回までに考えてきて欲しいです〜」

 

って言われました。

限度額申請もあるし、以前書いた

qv0-0vp.hatenablog.jp

この手当もあるのでトータル的に考えたら抑えられるけれど

手当てが戻ってくるまでに

取り急ぎで自分で出しておかなければいけないお金が毎月必要。

 

さらにこの飲み薬の服用期間。。。

 

2年間

 

ながっ!!

 

お金もかかるし

下痢もつらいし

そして何より

脱毛(少しかもしれないけれど)がこの先

 

2年

 

けれど、こうして新しく適用になってくれて治療できることは

ありがたいことだし、治療する方法があることは感謝すべきこと。

 

ホルモン治療は10年だけれどお薬代も高くなく

副作用も少なそうなのでもはやベージニオに隠れて

気にならないレベルです。笑

 

そしてベージニオを初発の乳がんで使用されている方がまだ少なく

情報があまりなくて、まだまだ調べようと思っているけれど

私も発信していけたらなと思っております。